我慢大会

またプールへ行きました。

いつも通り、30分の水中歩行と300M泳いだところで休憩をとろうと採暖室へ。

この室内に「ここは汗を流すためのサウナではありません。冷えた体を暖める為の採暖室なので体が暖まり次第、退室して下さい。」という意味の事が書いてありますが、中に居る人達の様子を見てもそういう使い方をしてる人はほとんどいません。

私が入室した時に既に6人入っており私の直後にもう一人入室。これで私を含めて合計8名。

サウナに入ると大体そうなるのですが、「自分より前に入った人が出るまで自分は絶対に出ない」モードに突入。自分中心の我慢大会の始まりです。

この日のメンバーは①ブーメランパンツ(50代)、②ガリガリロン毛(20代)、③郵便局員風の男(30代)、④派手な耳栓(50代)、⑤カッパ(50代)、⑥特徴なし(40台)、私とほぼ同時に入った⑦スポーツマン(20代)です。

開始しばらくした所で大方の予想通りガリガリロン毛がまず脱落。残り7名・・。こいつは問題外だなと感じる私。

次に脱落したのは郵便局員。残り6名・・。やはり50代は手強そうだと感じる私。

その後、カッパと特徴無し男はさして粘ることなく脱落。残り4名。

ここまで順調だった。しかし、ここからが本当の勝負であった。

残るはブーメラン、耳栓、スポーツマンだ。一番つらそうに見えるのはスポーツマンだ。
ブーメランも落ち着きがない。対照的に耳栓は微動だにしない。

ブーメランがそわそわしてるように見えるので、そろそろ出るのかと思ったところ彼の知り合いが入ってきて、話が弾んじゃってる・・。話を聞いてると彼らは役所の同僚のようだ。

もうブーメランと耳栓には勝てそうもないように思えてターゲットをスポーツマンに絞る。スポーツマンが出たら、自分も出ようと方向転換。

しかし、スポーツマンも頑張る。なかなか出ない。私も下を向いて踏ん張っていると、「暑いしもう出るわ」というブーメランの声。遂にブーメラン脱落。残り二人・・。

と、するとすぐに耳栓も退出!どうやら耳栓はブーメランと内心勝負してたみたいだ。

あとはスポーツマンだけだ。彼は顔をゴシゴシしたりして結構辛そうだが出て行かない。

しばらくして私の限界がやってきました。ここまで何とか頑張ってきましたがここで降りさせて頂きます。無念・・。

採暖室を出てシャワーを浴びているとスポーツマンも出てきました。彼も私と勝負してたんでしょう。そう思うと余計に悔しい。

まぁ、どうでもいい勝負なんすけどね。



   
                                                    
by egg_man3225 | 2007-03-24 16:10
<< 温泉を満喫なのだ ユウト 卒園 >>